循環酪農「本当の教え」とは?

親睦会などで、私がよく話す言葉があります。

それは「自然を先生に」という言葉です。

 

16年ほど前にチクテックの田口社長からいただいた一言で、心がパーっと明るくなりました。

 

それまでは、頭の知識と現場(牧場)の状態がまるで一致しなく、いくら勉強して知識をつめこんでも牧場が良くなることはありません。

悩んでいる時の一言で、この言葉が気づきとなり、自然の仕組みを学ぶ授業がスタートしました。

先生はいつもそばにいて、地球で一番の先生です。

 

そろそろ、常識だと思っていたことが、何か変だと気づき始めた方もいるのではないでしょうか。

自然の仕組みを みんなで学びませんか。

 

その手がかりを活性誘導水から見つけだし、牛も人間も微生物も みんなで元気になりましょう。

 

 

各地で勉強会を開きたいと思っています。

3名以上集まればOKです。

軽い気持ちで ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です