健康と循環に導く方法

【提案】水について 草について

さて、活性誘導水を 試されて効果が実感できた方は、これから牛の健康と循環をご自身のフィールドで築いていくことが重要です。

その為の基本となる提案をします。

水について

牛の飲水に活性誘導水を添加し、ルーメンや腸内細菌を活性化することにより、本来のバランスを取り戻し、繊維の消化吸収を高め、免疫力の向上を目指す。

草について

牛の主食である草(サイレージ)に活性誘導水を添加し、今までの酸化型発酵から抗酸化型発酵の草に変えることにより嗜好性の高い飼料とする。

以上の2つの提案を実践してみて下さい。

飲み水によるルーメン、腸内細菌の活性化と、抗酸化型発酵による草を与えることが、臭くない、発酵する健全な糞尿を生み出します。

このような糞尿が牛舎内や牧場全体の環境(微生物)を良い方向へ導きます。

この流れ(循環)ができると、経済的、労働的、精神的全てにおいて楽農になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です